肥満の原因は基礎代謝の低下から

肥満は、代謝が良くないことが原因で起きることもあります。基礎代謝とは生命を維持するために人が最低限必要としているエネルギーです。人の身体は安静にしていても、呼吸器や循環器、神経系、肝臓など様々な臓器が活動しています。基礎代謝とは、生命活動を維持する最低限の機能を動かすエネルギーです。基礎代謝には個人差があり、加齢や筋肉量の低下で下がります。

エネルギーの消費が減って脂肪が蓄積されやすくなり、肥満になりやすくなります。男性より女性の基礎代謝が低い傾向があり、10代までが高く以後は少しずつ基礎代謝は下がっていきます。その他、基礎代謝の低い体質と考えられる人は、血圧や体温が高くない人や、汗をあまりかかない人です。基礎代謝は遺伝の影響も受けています。年齢に応じて基礎代謝は低くなっていくため、それに応じて食事の量を少なくしなければ、余ったエネルギーが脂肪になり肥満の原因を作ってしまいます。基礎代謝が低下したなら低下したなり摂取カロリー量を心がけなければ、いくら積極的に運動をしても脂肪が減らず、肥満の原因を排除することができないでしょう。毎日の運動や食事の見直しでも期待したほど体重が減らないという人は、基礎代謝が低いことが肥満の原因である場合もあります。
ブラックでも融資してくれる所